Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

立体駐車場システムの自動化

概して高価な不動産への投資を最大にするため、パーキングビルのオーナーは、限られたスペースにできるだけ多くの車両を収納できるように考えます。コンクリート製の立体駐車場で数多くの車両に対応するには、特別な安全と効率的な手段を講じる必要があります。

最初に、ドライバーが空きスペースを見つけるため、利用できる駐車場が明確に示され、駐車場の係員が満車時にリアルタイムで分かるようにしなければなりません。地面に組み込まれた特殊なセンサはパーキングビルの車の行き来を監視し、XBeeによるワイヤレス接続によってConnectPort Xゲートウェイに車両の移動を中継することができます。Digi Device Cloud経由で接続された駐車場は、利用できるスペースを自動的に監視することが可能です。

もう一つの懸念は、密閉した区域いっぱいに車両が行き来し、排ガスによる有毒物質が危険なレベルに達する可能性があることです。一酸化炭素やその他の危険なガスを感知するセンサは、XBeeアダプタ経由でもワイヤレス対応可能です。ガス濃度が一定のレベルに達したら、プログラム可能なConnectPort Xゲートウェイと有害排出ガスシステムコントローラが自動的に換気システムをスタートさせ、いかなる有毒ガスも排出します。このプロセスは安全性をクライアントに提供し、また、必要に応じて変風量装置を利用することで光熱費を低減します。

最後に、既存のコンクリートだけでできた建物に新たな配線を行うのは難しく、コストも高くつきます。照明コントロールのような追加のシステムはXBee経由でワイヤレス制御することができ、同じConnectPort Xゲートウェイに繋いで、Digi Device Cloud経由で監視・制御することができます。ZigBeeネットワークの強固なメッシュネットワーク機能により、多層パーキングビルのいたるところで冗長通信を確立することができます。


課題:
複数階(立体)駐車場システムの間のモニタリングとデータ通信

成果:
フレキシブルなワイヤレスネットワークソリューションにより、高レベルの安全性と効率性を提供するとともに、パーキングビルの光熱費を低減できました。

 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ