Contact us:EmailEmail
カスタマサクセスストーリー

BL2600シングルボードコンピュータを曲芸シアターで活用

Sunset Dynamics社は、パフォーマが宙を飛べるアクロバットシアター公演向けにウインチと多軸トラックシステムの考案の仕事を課されました。同社は、ウインチ/トラックシステムを組み合わせるのに素早い開発期間で済む手頃なソリューションを必要としました。幅広い検討の後、Sunset Dynamics社は、完全なソリューションをRabbitの BL2600 シングルボードコンピュータで見つけました。

ウインチは、ショーの成功に極めて重要です。パフォーマと関係者は、ショーの全体的な効果の出来栄えをウインチ精度とタイミングに大きく依存します。

各ウインチ/トラックシステムは、モーションキュー(動作の合図)を提供するPCとイーサネットベースのネットワークに結びつきます。各ウインチは、パフォーマンス中の動きを調整するためPCから送られる指示を認識できるようプログラムされます。「このシステムは、2.1mのケーブルドラム能力と+/-0.01の位置決め精度で、約113kgの重量を1秒間に1.5m飛ばせるよう設計されています」と、Sunset Dynamics社オーナーのライアン・ニーミ氏は話しています。

Sunset Dynamics社は、非常に重要となる制御、モニタリング、レポート機能を実行するためにBL2600 シングルボードコンピュータを使用しています。この製品がすべて揃った費用効果の高いソリューションであったため、同社はBL2600を選んだのです。「当社のソリューションは、以前は、さまざまなI/O機能を内蔵したカスタムメイドのPCIカードでPCをセットアップしていました。地上36mのキャットウォークの各ウインチの隣にPCを設置とすることはあまり便利でありません」とニーミ氏は話しています。ニーミ氏は、カスタムの屋内PLCシステムに移動することを決めました。「PLCにより、ウインチの小さな筐体にすべて揃った制御パッケージを収納することができました」とニーミ氏は承認しましたが、いくつかの制限も明らかになりました。「PLCによるアプローチの1つの最大の障害は、特別なタスクや操作が起こる間隔や時点でリアルタイム制御を行うのが非常に困難だということです」。不便なPLCプログラミングや限られた性能、長い開発期間といった他の要因により、Sunset Dynamics社は他の選択肢を探すこと余儀なくされましたが、幸運にもBL2600に出合ったのです。

すべてが揃ったソリューション

「BL2600は、当社のアプリケーションにとって最適なソリューションであり、いずれにしても当社自身の運動制御ボードよりは高価ではないのは疑いの余地がありません」とニーミ氏は話します。いくつかのコンポーネントと長い開発期間は、迅速に市場投入可能なソリューションへと凝縮されました。BL2600は機能豊富で、多くのオプションを提供します。「BL2600の+/-10Vの出力能力は、運動制御にとってかなり重要な機能となります。可変周波数ドライバは、スピードやトルク入力として+/-10Vを使用します」(ニーミ氏)。アナログ入力もまた、ヒートシンクシステムを使用してウインチを冷却する温度のような測定を提供します。また、電流出力やイーサネット機能といった他の機能により、BL2600はリレーや冷却システムに直接電力を供給し、また、ネットワーク経由でリアルタイム制御を維持します。多くのシリアルポートは、ニーミ氏に、モーターの状態監視や初期設定の操作インタフェースの接続といった多数のオプションを提供しました。異なるものをいくつかの異なる部品で制御するのではなく、BL2600は、ボード自体からすべての機能を維持する完全なパッケージです。

迅速な開発

Sunset Dynamics社のような運動制御のメーカーとコンサルティンググループは、クライアントのために迅速にソリューションを開発する必要があります。いくつかの処理グループは、視覚心像にインパクトを与えるために、こうした機械に多く依存しています。 Dynamic C® は、ニーミ氏のソリューションを迅速に開発する支援に役立ちました。「当社自身の運動制御ボードで処理し、スクラッチでファームウェアを開発することと比べ、Dynamic Cによる確立されたコードベースにより、非常に迅速なソフトウェア開発が実現できました」。Dynamic Cと膨大なソフトウェアライブラリにより、ニーミ氏のようなカスタマは迅速に完全な機能を開発でき、ショーの直前か最中に変更をインプリメントすることができます。すべてが、ショーが進行する短い時間内に行われます。

Rabbitの能力

Rabbit 3000プロセッサは、Sunset Dynamics社に“飛行”ソフトウェアをスムーズに動作させるために必要なパワーを提供します。ニーミ氏が気にいった機能の1つは、Rabbit 3000に内蔵されたクアドラチュアデコーダです。「クアドラチュアデコーダにより、位置を測定するモーターとケーブルドラムスピンドルシャフト上でロータリークアドラチュアエンコーダとほとんど直接インタフェースできます。1.5m/秒の動作を0.01インチの位置で測定できるよう、デコーダは極めて高速処理が行えます」。Rabbit 3000プロセッサは、パフォーマが正しい位置と時間を確保できる信頼性の高さと相対精度を提供します。

Sunset Dynamics社は、BL2600を中心とした一連のモーションシステム製品の生産を計画しています。価格低下に伴い、ニーミ氏は、Rabbit BL2600が同社のアプリケーションに完全かつ費用効果の高いソリューションであると確信しています。Sunset Dynamics社は、米オレゴン州のクラマスフォールズにあります。

 

「当社のアプリケーションにとって最適なソリューションであることは疑いの余地がありません」
―オーナー ライアン・ニーミ氏

紹介製品:
BL2600 SBC
Dynamic C®

 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ