Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

可燃性の高い場所での機器の接続

穀物倉庫は、穀物の保管と出荷に使われる建物です。多量のほこりと制御されていない室温によって、これらの施設は極めて可燃性と揮発性の高い環境にあります。

穀物の卸売業者は、穀物の量や倉庫から運ばれる商品を計測するプロセスの自動化を望んでいました。彼らはレベルセンサーとコンベアシステムからデータを収集する必要がありました。しかし、製品は、火災を引き起こすための火花の原因となる可能性のない、安全要件を満たすものである必要がありました。このプロセスの自動化は効率向上に繋がり、従業員が危険な環境で費す時間を最小化します。

Digi One IAP Hazは、この穀物卸売業者の持つ課題に対する完全なソリューションであることが分かりました。本製品は、拡張された安全機能や温度条件が要求されるアプリケーションでの利用向けに設計されたシリアルサーバです。Digi One IAP Hazは、NEMA(全国電機製造業者協会)のキャビネット内部に実装されます。また、レベルセンサーとコンベアモーターコントローラのシリアルポートに接続され、遠隔のオフィスのPCにデータを送信して容易なモニタリングを実現します。このアプリケーションの主な特徴は次のとおりです:

  • Class1、Devision2認証により、可燃性の高い環境での安全要件に適合
  • コンフォーマルコーティングされた回路基板により、製品を塵埃から保護
  • -35℃~74℃の強化された対応温度範囲により、制御できない環境条件での耐性を実現
  • 自動化により、効率を向上させ、従業員が危険な環境で過ごす時間を最小化
  • 容易なインストールとメンテナンス……技術的な専門知識は不要

Digi One IAP Hazは、この穀物卸売業者のアプリケーションの厳しい安全要件を満たします。データ収集を自動化し、穀物倉庫の在庫量をリモートで監視するための容易で信頼性の高い方法を提供します。


課題:
穀物倉庫の装置からのデータ収集を自動化すること

成果:
揮発性と可燃性の高い環境にある機器のデータをリモートで監視・収集するために、拡張された安全機能を備えたシリアルサーバを使用しました。

紹介製品:
 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ