Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

モーテルのHVACシステムをセルラー経由で制御

室温が主として利用客によって調整されるため、冷暖房の経費は、モーテルチェーンにとって大きな出費となります。この出費への対策として、モーテルチェーンは、各部屋の温度を制御するホテル管理ソフトウェアとインタフェースを持つ制御システムの構築のため、主要HVAC会社と協調しました。新しいシステムは部屋の使用(占有)状況をベースとしたもので、部屋に誰もいないときの暖房と冷房を回避し、利用客の到着前に部屋を涼しくしたり暖めたりすることを可能にしています。

この構想を実現するために、HVAC会社は、エネルギー管理制御会社ならびにDigiと協調しました。各HVAC装置は、室温を調節するコントローラに接続しています。あらかじめ設定された温度は、モーテルの管理ソフトウェアから受け取る部屋の使用情報に基づいたものです。主なエネルギー管理サーバとモーテルの管理サーバは中央サイトにあり、遠隔のHVACコントローラに接続できるようになっています。

エネルギー管理会社は、リモートサイトから情報を収集するのに、従来の専用回線やダイヤルアップ電話回線を使用する代わりに、セルラーテクノロジーの利用を選択しました。Digi Connect WAN VPNは、標準の10/100Base-Tイーサネットを使ってHVACコントローラに接続するワイヤレスの仮想プライベートネットワーク(VPN)ルータです。本機は、高速GSM(GPRS/EDGE)やCDMA(1xRTT)のセルラーデータネットワークで、ワイヤレスWAN接続を生成します。Digi Connect WAN VPNのソリューションは、次のようなメリットを提供します:

  • 既存のIPインフラと統合し、迅速で容易な配備を可能にします。
  • 用対効果の高いセルラー料金プランでにより、モーテルは使用した通信時間だけの支払いで済みます。
  • Digi SureLinkテクノロジーは、不確実なネットワークでの“常時接続”を維持します。

セルラーデータネットワークの利用により、モーテルチェーンは各部屋の温度を制御でき、冷暖房コストを大幅に低減できました。利用客の到着時には最適な温度で各部屋を提供できるようにすることで、カスタマサービスも改善しています。

課題:
部屋の使用情報に基づいてモーテルの室温を制御すること

成果:
HVACシステムをリモートのエネルギー管理コントローラシステムに接続するために、セルラーデータネットワークを利用しました。

Featured Products:
 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ