Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

セルラー経由でスマートカードリーダを接続

スマートカードは、見た目はクレジットカードやデビットカードと類似していますが、こちらは、データ伝送のために磁気ストライプでなく組込みマイクロプロセッサを利用します。スマートカードは、特殊装置がデータの読み取り、変更、削除を要求されるため、クレジットカード以上にセキュアだと考えられます。スマートカードが普及した国では、トランザクション処理のためにスマートカードリーダがPOSステーションで使われます。

国際的なPOSシステムインテグレータは、小売店の設置でスマートカードリーダを接続する新しい方法を探していました。伝統的に、スマートカードリーダは中央処理オフィスにダイヤルする別の電話回線を必要とします。事前に電話回線を発注しなければならず、カスタマは電話会社がそれを引いて導入するのを待つことになるため、配備には手間がかかります。これは、ダイナミックな小売環境で必要なPOSステーションの移動や追加を困難にしている要因となっています。最終的に、専用の電話回線を維持するコストが高くつきます。

ワイヤレスVPN(仮想プライベートネットワーク)ルータの Digi Connect WAN VPN は、単一のセルラー(CDMA)接続を使って複数のスマートカードリーダを接続する簡単な方法を提供します。各スマートカードリーダは、イーサネットスイッチ経由でネットワーク化されます。スイッチはDigi Connect WAN VPNに接続しています。リーダは一つのセルラー接続を共有し、各装置向けの専用電話回線の必要を省き、全体的なスケーラビリティを増大させます。

Digi Connect WAN VPNをこのPOSアプリケーションに利用する主なメリットは、次のとおりです:

  • 既存のIP基盤を利用した迅速かつ容易な配備
  • 複数のPOSターミナルが1つの CDMA通信回線を共有
  • 費用効果の高いセルラー回線料金により、小売業者は使用した通信分だけの料金支払いを実現
  • エンド・ツー・エンドのIPsec暗号化は、セキュアなワイヤレストランザクションを保証
  • Digi SureLink™ テクノロジーは、不確実なネットワークでalways-on(常時)接続を維持

課題:
スマートカードリーダ向けにダイヤルアップ回線を排除すること

成果:
スマートカードトランザクション処理にCDMAセルラーネットワークを利用しました

 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ