Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

セルラー経由でリモートサイトに接続

アメリカで最も大きくかつ成長している電力会社のうちの一社は、長年にわたって、ワイヤレスバックアップ接続向けにセルラーデジタルパケットデータ(CDPD)と呼ばれるワイヤレスアナログテクノロジーを利用していました。同社が使っているワイヤレスサービスプロバイダがCDPDサービスを打ち切る計画を発表したとき、この電力会社は、確実で手頃な代替を求めました。

Digiは、CDPDテクノロジーを高速ワイヤレスデータ接続にリプレースするために、同社に革命的なソリューションを提供しました。サブステーションにおいて、Digi Connect WAN IAはイーサネット経由でカスタマのCiscoルータとインタフェースを持ち、GSMやCDMAセルラーネットワークによって真に多様なバックアップネットワーク接続を提供します。プライマリの有線接続がダウンした場合、Digiのソリューションが作動します。主な機能は次のとおりです:

  • 専用の56K接続より潜在的に極めて速いデータ信号速度を提供するGSMおよびCDMAセルラーネットワークに対応
  • 工業向け機能セット:DINレールマウントキット、Class1, Div 2適合、電源用ターミナルブロック、ModbusからModbus/TCPプロトコルへの変換
  • Digi SureLink技術は、高くつく通信の時間を費やすことなく、セッションを継続する“常時接続”機能を提供

Digi Connect WAN IAは、有線ネットワークインフラに対し、費用効果の高い代替ともなります。カスタマは現在、ワイヤレスサービスプロバイダが提供するデータ使用サービスプランを利用します。専用バックアップ電話回線に、場所ごとに1カ月最大30ドルを支払う代わりに、彼らは毎月のデータ転送の対価を支払うだけとなります。これにより、バックアップシステムのTCOを直ちに低減できました。

課題:
ワイヤレス通信経由でリモートサイトへの確実な接続を維持すること

成果:
有線ネットワークインフラに対する費用効果の高い代替として、高速セルラーデータネットワークを利用しました。

 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ