Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

幹線道路上のVMSに接続

可変情報表示装置(VMS)は、交通状況、事故、道路閉鎖、工事による渋滞、速度制限その他の交通情報に関するリアルタイムの情報を提供するため、道路で使用される電光表示器です。大都市にある運輸省(DOT)は、ネットワークインフラがすでに整備されている主要道路でVMSプログラムの実装に成功しました。旧いハイウェイに有線ネットワークを実装することは、膨大な調査費用とファイバー敷設のための道路掘削が必要になることから、二級の幹線道路に同じプログラムを配備することは問題があるということが分かりました。

運輸省は、業界初のアップグレード可能な商用グレードの3Gセルラールータであり、リモートサイトや機器への接続にセルラーによって高性能かつセキュアな通信を提供するDigi Connect WANを知りました。交通管理センターの集中VMSコントロールシステムは、ワイヤレス/セルラーネットワーク接続経由で各々の表示器と通信し、物理的な配線は不要です。セルラーネットワークは、断線やそのほかの有線ネットワークの問題によって引き起こされる停電に対して脆弱ではないため、が改行または他の有線のネットワーク問題に起因する停止期間に弱くないので、オペレータは必要なときにいつでも表示をアップデートできます。

Digi Connect WANは、次のような主要なメリットを運輸省に提供しました:

  • 即座の配備 - ワイヤレスコネクティビティにより、配線コストや断線による問題を軽減
  • 既存のVMSコントロールシステムとのシームレスなインタフェースにより、リアルタイムの更新が可能
  • 無線キャリアは、使用される無線に基づいた低いデータレートを提供
  • 良好なビデオフレームレートを実現する周波数帯域に対応
  • -30℃~60℃の動作温度により、道路の極端な温度での耐久性を確保

Digi Connect WAの採用により、主要都市の運輸省費用対効果の高いセルラーテクノロジーを使ってVMS表示器を市全域に配備できるようになりました。貨物輸送管理者は、発生するタイミングに合わせて貴重なトラフィックデータを提供することができ、通勤者が最も混雑したエリアを回避できるよう代替ルートを考える時間を与えます。これにより、社会全体の交通渋滞の緩和を図ります。

課題:
既存のネットワークインフラがない幹線道路での可変情報表示装置(VMS)の配備

解決手段:
遠隔地にあるシリアルのトラフィック装置をワイヤレス/セルラーテクノロジー経由で交通管理センターに接続しました。

 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ