Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

距離センサを使ったインタラクティブ(対話型)売店を構築

ショッピングモール内に、数多くのポスターやフライヤー、そのほか広告が掲示され、買い物客の注意を引くことが微妙な場合があります。インタラクティブキオスクのメーカーは、3Dマルチメディアキオスクでそれを行う方法を見つけました。

このメーカーは、アメリカ合衆国中のアウトレットモールに置かれるインタラクティブキオスクを開発しています。これらのキオスクは、雑多な店舗の情報を提供し、クーポンを印刷し、モールのオーナー向けに市場調査データも集めます。ビデオとオーディオ出力は、買い物客がキオスクの付近で検知されたときに起動するよう設計され、通行人を引きつけるためにメッセージを提供します。第一世代のキオスク内でのイベントトリガ機器は、インストールや使用が難しいことが分かり、また、メーカーが先に進むのをサポートするには価格が高すぎました。

キオスクメーカーは、 Watchport®/D, a USB-attached distance sensor を試しました。この製品は、USBコネクティビティ固有の簡単なプラグアンドプレイインストールを利用し、既存アプリケーションに容易に統合できます。センサには、人がキオスクの最大5フィート内の調整範囲で検知されたときに起動できるビルトイン機能が搭載されています。キオスクメーカーは、Watchport/DセンサのAPI(アプリケーションプログラムインタフェース)を使って、アプリケーションの音声部を駆動された独自ソフトウェアプログラムを開発することもできました。

紹介製品:

課題:
ユーザーとの距離で引き起こされるインタラクティブキオスクを開発すること

成果:
プラグアンドプレイセンサを搭載したイベントトリガのインテグレートにより、他を卓越したインタラクティブキオスクを実現しました。

Related Videos:
 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ