Contact us:EmailEmail
カスタマサクセスストーリー

遠隔風力エネルギー監視システムへの接続

背景
Atmospheric Systems社(ASC)は、大気の風力や乱気流、安定性その他の情報を計測する表面ベースの大気のリモートセンシングとシステムを製造しています。ドップラーSoDARシステムと呼ばれるこれらの装置は、土地所有者やディベロッパー、施設・設備オペレータに特定地域の風力や乱気流の計測を提供する「仮想風速測定タワー」です。

風力を作る風力タービンと候補地は、局所出力や通信ネットワークのない山岳地帯、稜線、砂漠地帯、人のまばらな空地といったアクセスの限られた地域でしばしば見られます。こうした制限を乗り越えるために、ASCはSoDARシステムに、リモートサイトへのセキュアな高速コネクティビティを提供する3Gセルラールータ、ConnectPort WAN VPNを搭載しました。ConnectPort WAN VPNは、SoDARシステム用に収集したデータセットのリモートモニタリング、診断、転送を可能にします。このリモート接続ソリューションがなければ、毎月のオンサイト訪問を介してSoDARデータセットを収集できるだけになります。

ConnectPort WANにより、多くのSoDAR診断機能がリモートで利用できるため、ASCのカスタマは、オンサイトのメンテナンスによりよい準備ができます。また、ASCのSoDARシステム(ConnectPort WAN VPNを搭載)は電池で動作し、バッテリーは必要に応じてソーラーパネルや発電機で充電されます。ASCがDigi ConnectPort WAN VPNを採用した他の理由として、全世界で利用できること、SoDARコンピュータから構成されたローカルネットワークとクロスオーバーケーブルで固定IP接続を使う必要のないカスタマのコンピュータへのシームレスなアクセス、データロガーやカメラといった他のIP機器に容易に接続できる能力、ルータがSoDARコンピュータのコンソールポートに完全なアクセスを提供できるRealPortシリアル接続などが挙げられます。

「当社のカスタマは、自社の設備・機器を監視し、操作の設定を修正し、遠隔から診断できる必要があります。さもなければ、誰かが個々のプロジェクトの時間要件に合わせて2週間毎などの頻度でサイト(現場)を訪問しなければなりません。サイト訪問に航空運賃、ホテル代、2日日の人件費を要すると仮定すると、1訪問につき最低1,400ドルかかります。Digiのルータにより、私たちはこうした訪問を最小化でき、プロジェクトあたり、あるいは年ごとに5,000~15,000ドルの費用を抑えられます」とASC社のCEOであるケン・アンダーウッド氏は話しています。

ConnectPort WANは、遠隔地でのコネクティビティを実現します
他の競合ソリューションと異なり、DigiのルータはDynDNSやほかの最高水準のルーティング機能(LAN対応など)を搭載しており、二重化通信の促進に最適です。

「ConnectPort WAN VPNは、私たちが必要とするすべての機能を提供してくれます。IPアドレスの変更管理を行い、すべてを非常に容易化します。当社はモデムと別々のルータを接続する他のソリューションを試してみたことがありますが、それは悲惨な結果に終わりました」(ケン・アンダーウッド氏)。

ConnectPort WAN VPNは、ASCのカスタマサイトの80パーセント以上に、3Gセルラー接続経由でASCの遠隔機器を接続しています。ASCはリアルタイム情報を記録でき、ローカルに格納されたデータセットと診断を再生することができます。

「いまや、私たちはいかなる場所からでもいつでもシステムをチェックすることができ、ヨーロッパや中国や米国での操作をレビューできます。カスタマや販売員たちが電話で問い合わせてきても、すぐにシステムに入ることができ、回答することが可能です。風力エネルギーのデータは黄金のように貴重なものであり、日々のモニタリングはカスタマにとって重要なのです」(ケン・アンダーウッド氏)。

このルータはまた、ASCが自動診断結果を毎日電子メールで送信する機能のインプリメントを実現し、システムメンテナンスに関わるコストと時間を低減しました。

「診断メッセージは重要です。私たちはシステムをチェックする必要はありません。システムのいくつかはかなり遠隔地に存在しています。トラブルが発生し修理が必要な場合や、定期的なメンテナンスを必要とする場合は、システムから最新の状況を入手します。当社のカスタマは、フィールドへの訪問を必要最低限に抑えることができます。これにより定期的なモードで必要に応じた価値あるリソースと人員を配備・管理できるようになります」(ケン・アンダーウッド氏)

配備が容易
ASCはまた、ConnectPort WAN VPNのセットアップと設定の容易さ、ならびにDigiのテクニカルサポートの優秀さを実感しました。テクニカルサポートは国内外で利用できます。

「キャリアによっては、ConnectPort WAN VPNのセットアップは5分の仕事です。Digi製品のインタフェースは明快で分かりやすいのが特徴です。Digiと協調を始めてから、私たちは彼らのテクニカルサポートと、私たちやキャリアとの協調意欲に感銘を受けました」と、ケン・アンダーウッド氏は話しています。


「Digiのルータにより、私たちはサイト訪問を最小化でき、プロジェクトや年ごとに、5,000~15,000ドルの費用を抑えられます」

 - ASC社のCEO、ケン・アンダーウッド氏

アプリケーション:大気データの計測と収集

産業:風力エネルギー

企業:Atmospheric Systems Corporation社(ASC)

課題:ASCは、ドップラーSoDARシステムをで風力や乱気流プロファイルの遠隔監視、診断、データを実現する必要がありました。

解決手段:「ConnectPort WAN VPN」3Gセルラールータは、遠隔地でSoDARシステムに高速コネクティビティを提供します。リモート診断によりコストのかかる現場訪問を低減できました。

ConnectPort WAN VPNについて
ConnectPort WAN VPNは、セキュアなワイヤレスコネクティビティをリモートサイトや機器に提供するエンタープライズクラスの高速で柔軟な機能を搭載した3Gセルラールータです。遠隔地の設備・機器へのプライマリのワイヤレスブロードバンドネットワーク接続はもちろん、既存の地上通信へのバックアップにも利用できます。統合IPsec VPN対応により真のエンド・ツー・エンドのデータ保護を実現します。

主な特徴:
  • 高速3Gプライマリおよびバックアップネットワークコネクティビティ
  • 統合VPNサポート
  • イーサネット、シリアル、USBポート
  • Wi-FiおよびGPSオプション
  • 容易に交換可能なセルラーモジュールまたはPCM/CIA カード

Download PDF Version >

 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ