Contact us:EmailEmail
カスタマサクセスストーリー

Digiソリューションによりクールチェーンの
労働コスト削減と効率化を実現

LogicLadder社について
LogicLadder社はグラゴン(インド)にあるコンサルティングとテクノロジーの専門企業で、M2Mのエキスパートです。同社のカスタマはクライアントのエネルギーとエネルギー管理システムの作業コストの削減、流通チェーン監視、資産運用実績の監視やスマートサービス向けのエンド・ツー・エンドのハードウェアとソフトウェアのソリューションを提供しています。

クールチェーンの課題への対処
「私たちの多くのカスタマは、クールチェーン(コールドチェーン)のような複雑な環境で作業をしています。したがって、異なる資産からデータを入手するために信頼できる効率的なハードウェアとソフトウェアを用いるのは最も重要になります」と、LogicLadder社の最高経営者マンヤック・チャウハン氏は話しています。

LogicLadder社のクライアントの一社であるParekh Integrated Service (PISPL) 社は、倉庫管理、分配とサプライチェーンソリューション分野のリーディングプロバイダです。PISPL社は、薬品、食品、医療移植片業界の大手ブランドにおける保管と流通を行っています。これらの多くの製品は、保管と輸送の際に決められた温度と湿度が求められます。インド中に300以上の流通・倉庫管理センターを保有しているPIPSL社は、正確かつ効率よく維持し、継続的に製品の保管環境をロギングしモニタリングするという課題に直面しています。

PISPL社は、今まで使用していたシステムでいくつかの課題を抱えていました。温度データの収集と追跡のマニュアル操作による時間の浪費、温度超過によって起きる製品の損傷、そして必要以上の温度低下によるエネルギーの無駄といった課題を抱えていました。PISPL社は、これらの課題を解決するリアルタイムのソリューションを見つける必要があり、同時に、作業コストと損傷の削減、ならびにカスタマに対しスマートなサービスを提供するという会社の経営目標を達成する必要がありました。

総合的なハードウェアとソフトウェアソリューション
PISPL社は、倉庫(固定資産)とトラック(移動体資産)両方のモニタリングソリューションを求めていました。バッテリー動作の温度センサおよび、電力計と他のセンサ用のアナログアダプタ、これらのハードウェアを遠隔管理できる機能を備えた、異なる場所でのイーサネットとGPRSゲートウェイの組み合わせを必要としていました。

DigiのConnectPort X3とConnectPort X5 Rゲートウェイは、冷凍倉庫と冷蔵運送トラックに設置されたXBeeが組み込まれた温度計とエネルギーメーターと共に機能します。加えて、DigiのパブリッククラウドPaaSであるDigi Device Cloudは、フィールドデバイスとゲートウェイに接続するために使用されました。Digi は履歴データおよびSAPとの統合のためのAPIを保管するビッグデータソリューションを提供し、過去のデータの分析を行うことも可能になりました。このソリューションは4年間運用されています。

「私たちはDigiを選びました。なぜならDigiは私たちのすべてのソリューション要件を満たしているだけでなく、それらは信頼性が高く、ファームウェアとPythonアプリケーションのリモートアップデートをも可能にする遠隔からのローカルZigBeeネットワークのリモート管理も含めた完全な管理を提供できると知っていたからです」と、PISPL社のCOOであるサンディープ・アガワル氏は話しています。

よりよい成果
従業員の作業効率メリットという面で、PIPSL社はこの新しいデバイス管理ソリューションから直接的な益を受けています。このソリューションによってさまざまな施設の温度データ収集の時間と従業員の時間を大幅に節約しました。本ソリューションを導入してから、PISPL社の試算ではおよそ8か月分の従業員の作業時間の軽減を実現しており、大幅なか作業利益とコスト削減を実現しています。不正確な温度はもはや過去のものとなり、それによってもたらされていた食品の損失やエネルギーコストの無駄は完全に払拭されたのです。

「私たちはソリューションを容易かつ低い初期費用で導入することができました。Digiのソリューションを用いることで、従業員とカスタマは製品状態をオンラインでどこからでも監視することが可能になり、レポートの作成、温度がしきい値に接近したときにSMSやEメールを介して自動アラームを受け取ることも可能になっりました」とアガワル氏は話しています。

さらにLogicLadder社は、Digiのテクニカルサポートとオープンな技術標準の使用についても高く評価しています。Digiのサポートとオープンテクノロジーの使用は、各カスタマ特有の経営問題に対し、幅広く柔軟なオプションの提供を可能にしています。

「Digiのソリューションは私たちのクライアントのエネルギーと作業コストを低減し、利益を最大限に増加させることを可能にしてくれました」とチャウハン氏は話しています。

紹介製品:

「Digiのソリューションは私たちのクライアントのエネルギーと作業コストを低減し、利益を最大限に増加させることを可能にしてくれました」

- LogicLadder社 最高経営者 マンヤック・チャウハン氏

アプリケーション:クールチェーン

産業:フリート

企業:LogicLadder (ロジックラダー)社
www.logicladder.com

課題: 損傷しやすい商品の輸送に必要な適切な温度レベルを確保するクールチェーンモニタリングソリューションをカスタマのPIPSL社に対して提供すること

解決手段: Digiは製造者が、サプライチェーンを通った製品の製品品質の維持と向上を実現するため、温度や場所、エネルギー使用のモニタリングを可能にする導入の容易なソリューションを構築しました。


Digiソリューションについて
ConnectPortX 5 Rは、セルラー接続を使ってVAN (車載ネットワーク)トラフィック over IPを送信する堅牢・強固なテレマティクスゲートウェイ(輸送トラック内に設置)です。ConnectPort X3(倉庫内に設置)は、容易に開発可能な開発環境およびセンサ管理・監視を実現する Device Cloud を備えたプログラマブルゲートウェイです。

主な特徴:
  • キャビネット収納され倉庫ベースのワイヤレスゲートウェイはXBeeモジュール搭載のモバイルサーモスタットとエネルギーメーターにリモート接続を提供
  • Digi Device Cloud は、安全、経済的かつ拡張性に優れた配備を実現
  • フリートと倉庫モニタリングアプリケーションは、容易にDigi Device Cloudと統合し、製造会社の温度、場所、クールチェーンによるエネルギー使用量の監視を実現
  • ソリューションはエネルギー/作業コストおよび製品損傷の削減、効率化と利益の増加実現

 

 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ