Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

レストランの調理用油のモニタリング

レストランは、さまざまな食べ物の調理をするのに食用油と天ぷら鍋に頼っています。調理用油は、食品の品質基準と適合するのと同様に、安全性と健康にも対処するため、十分監視される必要があります。

特別なセンサは、調理用油を監視し、今使用しているものを注ぎ足したり取り替えたりする時期が来たらレストランのマネージャにアラートを送ります。Digi Device Cloudに接続されたドロップ・イン ネットワークテクノロジーを利用することにより、単独のレストランであっても、何千ものチェーン店を持つレストランであっても、調理用油の在庫とブランド品質を維持することが可能です。

調理用油のモニタリングシステムをXBeeアダプタに接続することによって、センサからのデータは、インターネットにセキュアに接続されているConnectPort XゲートウェイにZigBee経由でワイヤレスに送信されます。冷蔵(冷凍)センサ、エネルギーメータ、ドライブスルーシステムといったそのほかのZigBee対応機器も、同じゲートウェイを使ってそれらの状況を通信することができます。

調理用油モニタリングシステムからのデータは、IP接続経由でDigi Device Cloudプラットフォームに配信され、レストランのオフィスや調理用油の供給会社が油の品質や在庫をリモートで監視することができます。レストランは、リアルタイムデータと履歴に基づいた油の交換予定を自動的に送信することができます。


課題:
品質低下・消耗するレストランの調理用油の取り替えと調整

成果:
より能率的に調理用油の供給をモニターし、ブランドの品質とカスタマの安全性を積極的に保護できるようになりました。
 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ