Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

農場のサイロ(飼料貯蔵庫)のレベルを監視

畜牛や鶏、その他の家畜を飼育する農場主は、家畜の健康と栄養を維持するために、水や穀物、飼料の安定供給に依存しています。自動給餌システムは農場効率を改善し、家畜の適切なケアを実現することで必要な手作業の量を低減します。しかし、食料や水の不足が起きないために、頻繁なモニタリングが必要となります。

メカニカルな重錘や超音波センサのようなワイヤレスコネクティビティをサイロセンサ機器に提供することによって、農場はリアルタイムでサイロの中身を容易に監視することができます。これらセンサに組み込まれたDigiのXBee ZBワイヤレスモジュールは、セキュアで信頼性の高いZigBeeメッシュネットワークを生成します。ネットワークの上の各ZigBee対応センサは冗長性を増すことによってネットワークを強化し、ネットワークの信頼性を確実なものにします。

センサからのデータはConnectPort X4ゲートウェイに送られ、そこでデータを集約し、セルラー経由でDigi Device Cloudに送られます。Digi Device CloudにアクセスするPCやスマートフォンを使って、農場はいつでも、サイロのいくつか、あるいは全部の状態をチェックすることが可能です。サイロの数値が決められたしきい値に到達すると、Digi Device Cloudは電子メールやSMS、その他のアラートを送信するよう設定することもできます。

遠隔地や厳しい環境においてもデータは安全に送ることができ、さまざまな配信方法を用いて利用できるようにすることが可能です。農場のオートメーション化されたオペレーションが計画通りに進まないときは、農場主が介入することができます。


課題:
農場のサイロの中身を正確かつリアルタイムに計測するためのアクセスができること

成果:
広範囲にわたる農場サイロ資産に正確かつ最新式のモニタリングが行えるようになりました。
 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ