Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

工業機器をネットワーク化

あらゆる工場が、生産目標の管理および、できるだけ早い段階での潜在能力の問題の特定と対処を必要としています。ある主要な飲料メーカでは、工場の現場における最新の生産情報を表示することによって生産高の追跡と改善をしたいと考えました。この能力は、製造管理者と従業員が情報にアクセスしやすく、目標に対して実績をチェックしやすいものにする必要がありました。生産段階のあらゆるデータは、工場内の電子ディスプレイに集約・表示されることが求められました。

Digi One® IAP デバイスサーバは、生産セルのプログラマブルロジックコントローラ(PLC)と電子ディスプレイを工場のローカルネットワークに接続しました。 OPCサーバシステムは、PLCの関連するデータを処理し、工場の生産現場の個々のサインにそれを送信しました。スイッチ選択可能なRS-232/422/485インタフェースとDINレールマウント対応を備えたDigiデバイスサーバは、各種のディスプレイとPLC機器に確実でシームレスなネットワークコネクティビティを提供しました。このデバイスサーバはまた、マルチマスター/マルチプロトコルをサポートし、デバイス固有のシリアルプロトコルであっても1台以上のホストマシンからシリアル機器を管理できる柔軟性を付加しました。Digi One IAPによってこの飲料メーカは、1台のデバイスサーバによる標準化と、生産成績と目標の管理を実現したのです。

紹介製品:

課題:
工場の現場にある工業デバイスと電子ディスプレイをネットワーク化すること

成果:
Digiデバイスサーバを使ってすべてのシリアルインタフェース制御機器を接続することにより、生産量の問題を特定し、効率的な生産管理を実現しました。

 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ