Contact us:EmailEmail
カスタマサクセスストーリー

Rabbit製品によりAV機器の完全なカスタム制御を提供

家庭とオフィスで高い便利性をカスタマに提供することを目指して努力、オーディオビジュアル(AV)機器メーカーは現在、豊富なリモート通信・協調機能を提供しています。さらなる便利の向上は、会議室、教室、ホームシアターで、より多くのAV機器がより多くのりみート制御に置き換えられ、複数の機器のセットアップにより多くの時間が費やされているのです。

たった1つのインタフェースだけを使ってシステムを司り、ボタン操作ですべてがセットアップできる方法があればいかがでしょうか。一般のオートメーションシステムは、オブジェクトのオン/オフや状態の表示にベーシックなコントローラを使用します。すべて揃った制御を提供するハイエンドのシステムは高価なものとなります。RCS Programming社は、手頃な価格でAVシステムの完全な制御を提供するRabbitの BL2100 シングルボードコンピュータにより解決策を見い出しました。

RCS Programming社は、ユーザーがネットワークでAV機器を制御できるランタイム・エディタを搭載したネットワーク機器、XSYS Control Systemを製造しています。このソリューションは、赤外線(IR)装置など複数の機器制御の不満の軽減に役立つタッチスクリーンオペレータインタフェースに、家庭やオフィス、教室のすべてのメディア機器を接続します。XSYSは、割増価格なしで高品質な制御を提供します。

標準システム設定は、タッチスクリーンパネルとインタフェースしている制御CPUに接続されたXSYSモジュールから構成されます。制御PCと他のイーサネットベースのデバイスは、イーサネットジャック経由でハブおよびモディファイされたBL2100に接続しています。アンプや信号スイッチ、イコライザのようなAV機器は、シリアル経由で接続されます。DVDプレーヤ、CDプレーヤ、MP3プレーヤ、デジタルチューナ、衛星チューナは、IR経由でXSYSモジュールによって制御されます。AV信号は、それぞれの接続経由でスイッチャとアンプに送られます。XSYSはまた、照明やブラインド、プロジェクタ、スクリーンにインタフェース制御能力を供給します。あらゆる重要な構成要素は1つのユニットにまとめられ、制御システムを簡素化します。ランタイムエディタソフトウェアは、グラフィカルインタフェースなど、すべての制御システムが動く方法でカスタム制御をユーザーに提供します。ソフトウェアはまた、再コンパイルする必要なく自動的にその場で変更できる能力を与えます。

RCS Programming社のオーナーであるジョン・ルール氏は、XSYSシステムにおけるBL2100の役割の重要性を次のように話しています。

「BL2100は、私が設計していた統合制御システムに必要となるほとんどの機能を持っています。業界は当時、非常に限られたネットワークインテグレーションを行いました。Rabbit製品はネットワークインテグレーションを内蔵するだけでなく、専門的でロイヤリティフリーのライブラリを使うことができます」とルール氏は話しています。

ルール氏のXSYSシステム開発の発想は、制御業界、特にAVとファシリティコントロールにおける効果的なツールの不足から生まれています。多くの制御システムは、赤外線で簡単に制御できるメディアプレーヤのような幅広い制御が可能なIR機能に欠けています。

「私は、赤外線制御と、数千ドルかかる専用の制御システムに見られるであろう機能の多くを統合しました。BL2100の設計は私が必要としていたものに大変近いものでしたし、Dynamic Cソフトウェアは使いやすく、私は専門的な製品を極めて迅速に開発することができました」とルール氏は話しています。

Rabbit BL2100と Dynamic C® 統合開発環境集は、ルール氏を業界で優位に立たせる、まさに機能の適切な融合を提供したのです。

「私は、似通ったハードウェアとソフトウェアを提供しているいくつかの会社もチェックしましたが、それらは直観的ではないようでした。Rabbitのプロフェッショナルな設計とツールにより、私は、カスタマが求める製品にするために、自分のレベルのカスタマイズされた機能を付加することが容易にできました。ハードウェアとソフトウェアの組み合わせは重要で、多くの設計時間を節約できました。たいていの時、私は自分のバックにエンジニアリングチーム全体を抱えているように感じました」。

ジョン・ルール氏とRCS Programming社は、Rabbitのハードウェアとソフトウェアが、製品を素早く開発し、時間とコストをRCS社のためだけでなくカスタマのためにも節約するツールを提供していることを知りました。革新的な製品を投入するRabbitの責務は、RCSのような企業がカスタマと共に成長できる製品の開発を実現し、将来の制御製品にマスメモリやワイヤレス技術といった機能を付加する柔軟性を与えます。

RCS Programming社の詳細は、www.rcsprogramming.comをご参照ください。

 

「ハードウェアとソフトウェアの組み合わせは重要で、多くの設計時間を節約できました」
―RCS Programming社オーナー ジョン・ルール氏

紹介製品:
BL2100 SBC
Dynamic C®

 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ