Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

採掘坑でのリアルタイムの探索と復旧

大きな採掘作業において、分散した作業員を把握するのは困難な仕事であり、トンネルの崩壊時には重要な問題となります。多くの鉱山や炭坑では作業員の追跡に無線システムを使用していますが、崩壊が起こったら、細線で接続された基地局はしばしば役に立たなくなります。

地下作業員の迅速な回収を実現する追跡システムを開発する企業では、トンネルが崩壊しても無線システムが使用可能な信頼性の高いソリューションを求めていました。Digiの XTend OEM RF モジュールXTend-PKG RF モデム は、追跡ソリューション向けのクリティカルなコネクティビティを提供します。

ロングレンジ900MHzのXtend組込みRFモジュールを搭載した小さな送信機は、坑道に入るそれぞれの人に取りつけられます。各トランシーバは動きを監視し中央部にそれを送る慣性センサに接続されています。トランシーバは坑内のあらゆる戦略的に重要な場所に固定されたXTend-PKGモデムを収容した基地局と通信を行います。完全にワイヤレス化されたXTendソリューションの利点は次のとおりです。

  • ネットワーク冗長性の追加による信頼性の増大
  • トンネル崩壊で破損する恐れのある有線の排除
  • 強力な1Wのトランシーバにより長距離通信を提供
  • 通信距離の拡大により、追加のリピータの必要性を低減
  • 容易なコンフィグレーションと実装

鉱山・炭坑の経営者は、現在では、緊急時に作業員の位置をより正確に突き止めるためにリアルタイムで位置をモニターできます。丸一日使用した後でも、経営者は、10フィート以内で個々の坑夫の居場所を見つけることができます。

課題:
地下トンネルでの通信を確保するためにワイヤレスを実装すること

成果:
トンネルが崩壊の場合でも、地下坑内作業員との通信を維持し監視できるロングレンジのRFテクノロジーを導入しました。

 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ