Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

太陽光発電システム向けのワイヤレスネットワークコネクティビティ

太陽光発電 (ソーラーエネルギー)は、その大きな経済性と環境面での優位性から、エネルギー生産において人気上昇中の方式です。太陽光発電の配備は、化石燃料への依存を低減することでエネルギー自活を促す持続可能なエネルギー生産への長期的な投資となります。これらの投資を保護し、太陽光発電によって提供される経済的利点を最大化するため、ユーザーとサービス提供会社は、彼らの太陽光発電システムの構成要素ならびにエネルギー生産・消費をモニターする簡単な方法を必要としています。

ソーラーインバータに組み込まれるXBeeとXBee-PRO ZBモジュールは、太陽光発電配備にワイヤレスネットワークコネクティビティを提供します。XBeeとXBee-PRO ZBアダプタを使ったワイヤレスコネクティビティ向けに既存の配備は容易に変更することができます。DigiのワイヤレスXBee製品は、セキュアで信頼性の高いZigBeeメッシュネットワークを生成し、有線インフラの必要性を排除します。

Pythonプログラミング対応のConnectPort X4 Hゲートウェイは、配備されるエリアにあるそれぞれのXBee対応ソーラーインバータからデータを収集します。この情報は、インターネットベースのDigi Device Cloudにセルラーネットワーク経由で送られます。ユーザーならびにサービス提供会社は、世界中のどこからでもリアルタイムにこの情報に容易にアクセスすることができます。その上、シンプルなフロントエンドのアプリケーションを作成することによって、Device Cloudユーザーは、Webサイト、電子メールまたはSMS経由でシステムのアップデートやアラートを受け取ることが可能です。

利点:

  • 太陽光発電システムのリアルタイムでのモニタリング
  • ワイヤレスソリューションにより、インフラコストを低減
  • 帯域外周波接続を実現する認証済みのセルラーデータ接続
  • リモートのトラブルシューティングは、メンテナンスコストとシステムのダウンタイムを低減

Digi再生可能エネルギーソリューションについてはこちらをご参照ください。

課題:
世界のどこからでも太陽光発電システムにリアルタイムアクセスを提供すること

成果:
セキュアなインターネット接続経由で、クリティカルな太陽光発電の生産・消費量データならびにシステム構成情報にアクセスを実現しました。

 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ