Contact us:EmailEmail
アプリケーションストーリー

家庭用ヘルスケア監視機器をワイヤレスネットワークで監視


恒常的な健康管理を必要とする多くの患者たちは、費用が高く不便な入院治療より、自宅用の在宅看護の快適さを好みます。在宅看護の難しさは、患者がヘルスケアの専門家に対して正確でタイムリーなデータを提供できるかにあります。

在宅看護患者は、簡単な説明で聴診器、血糖測定器、血圧計を操作することができます。XBeeおよびXBee-PRO無線モジュールは、自己修復、自己検知のZigBeeメッシュネットワークを形成するそれぞれの機器に組み込まれます。患者の自宅に設置されたConnectPort X4ゲートウェイは、デバイスデータを収集し、それをセルラーネットワーク経由で安全にDigi Device Cloudプラットフォームに送信します。

ヘルスケアの専門家たちは、Digi Device Cloudサーバによって収集されたデータに安全にアクセスでき、患者から受信し表示されたデータに基づいて意思決定を行います。Digiのドロップ・イン ネットワーク ソリューションにより、多くの地域の医師が世界中の専門家たちと患者情報を共有・比較することが容易になります。

ドロップ・イン ネットワーク ソリューションによって提供される主なメリットは次のとおりです:

  • 自己形成のメッシュネットワークのため患者はIT専門知識を必要としません
  • データは、暗号化と認証の融合によりセキュアです
  • 自動再試行や承認機能により重要なデータを確実に送信します
  • 機器は移動でき、異なる患者間で配備が可能です

 

課題:
在宅介護・治療を受けている患者の重要な健康データの容易なモニタリング

成果:
ZigBeeとセルラーテクノロジーの組み合わせにより、遠隔の患者情報のリアルタイムかつ容易な監視を実現
 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ